TOP | ヘアサイクルを知っておこう! | 一時的脱毛の種類とメリット | 永久脱毛の種類とメリット | 医療レーザー脱毛とは? | 当サイトについて |

体毛に個人差がある理由


<硬さや太さの個人差があるのはなぜ?>

「もうすこし毛がうすかったら、処理も楽だったのに・・」

「あの子のお肌は毛穴が目立たなくて、キレイ・・」


毛質や太さ、毛深さに個人差があるのはなぜでしょうか。

人より硬い、太い毛であるとかの毛質は、遺伝的要素とホルモンなどで決まるといわれています。

私達の体は、思春期になるとホルモンが分泌されて、女性らしく、男性らしくなっていきます。
体毛が濃くなったり、皮脂腺が活発になったりするのは男性ホルモンの影響です。

女性でも男性ホルモンの影響が強い人は、毛穴が大きかったり、体毛が濃くなったりします。

このように、体毛の濃さや毛穴の大きさなどはホルモンなどで決まるものなのです。


スポンサードリンク


多毛症とは

多毛症とは、毛の数は変わらないのに、ある部分の毛が硬くなって生える症状や女性なら通常毛が生えないような箇所に毛が生えるといった症状のことをいいます。

多毛症の主な原因は男性ホルモン(アンドロゲン)が過剰に分泌されるということです。男性ホルモンが過剰に分泌されると、柔らかい毛が硬く、太くなってしまい毛が目立ってしまうことになります。


多毛症の種類には、先天性のものと、後天性のものがあり、先天性の場合は、幼児期から全身が毛深い状態になっているものや、後天性のものは、何らかの原因である箇所が硬毛になってしまうようなケースがあります。

それ以外に女性がなるケースとしては

男性化型多毛症と呼ばれるケースで妊娠後や閉経後になる多毛症や思春期の女性がなるケース、副腎肥大などがある場合や卵巣腫瘍などの場合に男性化型多毛症になるケースがあります。

これらはいずれもホルモンのバランスがくずれるとなることが多いものです。
体毛はホルモンと関係しているものなので、ホルモンのバランスが崩れると体調不良やこういった多毛症などが現われるケースがあるのです。

原因にもよりますが、多毛症はレーザー治療などで取り除くことができる場合があります。