TOP | ヘアサイクルを知っておこう! | 一時的脱毛の種類とメリット | 永久脱毛の種類とメリット | 医療レーザー脱毛とは? | 当サイトについて |

体毛の役割と構造

人より毛深いのでムダ毛処理が大変・・という声をよく聞きます。

女性はほぼ一年中ムダ毛に気を使っているものですよね。

毛深い女子にとってムダ毛の悩みは深いもの。

そもそも毛とはなんのために生えているものなのでしょうか?


体毛は体を保護するためにあった

知っている人も多いでしょうが、元々の体毛の役割は、私達の体や皮膚を守るということにあります。

産毛を含めれば私達のからだは体毛に覆われているといってもいいほど、いろいろなところに体毛が生えています。

体毛というのは、大切な体の皮膚を覆って、体温を調整したり、衝撃や摩擦など外部のものから私達の体を守るためにあるのです。

ところが、時代は変わり、衣服や文化が進化してしまった今、現代の女性にとって体毛は必要ないものになってしまいました。

ファッションの面でも、社会的マナーの面でも、脱毛は身だしなみのひとつです。

ただ、体毛は本来は自然に生えてきているものなので、肌を傷つけるような無理なやり方は禁物です。

正しい脱毛知識を持ち、体と皮膚に優しい脱毛をこころがけることが必要です。


スポンサードリンク


体毛の構造

カミソリで毛を剃ったけど、皮膚の中にはうっすら黒い点が見える・・といったことはないですか?

腕などに生えている毛は、見えている部分だけではありません。

毛は、外に見えている部分だけではなく、毛穴の中から生えていている毛根部分があるのです。

表面に生えている毛をかみそりなどで剃ってもまたすぐに生えてきてしまうのは、このためです。

毛根とは皮膚の中に隠れている毛を作る組織のことを言います。

毛根の中には、毛を作り出す毛母細胞、毛乳頭などがあります。

ですから、永久脱毛するためには、この毛根部分の先端部分の毛乳頭と毛母細胞などの元を断たなければいけません。

昔は、脱毛といえば、レーザーなどはまだまだ一般的でなく、値段も高かったので手が出ないことも多かったのですが、今では美容医療も発達して簡単に安く脱毛ができる時代になりました。

自分に合った脱毛法で、すべすべ肌美人を目指しましょう。

<ポイント>
・現代の女性はムダ毛処理は身だしなみのひとつ
・体毛は見えている部分だけではない!毛根部分がある