TOP | ヘアサイクルを知っておこう! | 一時的脱毛の種類とメリット | 永久脱毛の種類とメリット | 医療レーザー脱毛とは? | 当サイトについて |

永久脱毛の種類とメリット


永久脱毛にはレーザー脱毛と電気針脱毛がある

脱毛には一時的脱毛のほかに永久脱毛と呼ばれているものがあります。

永久脱毛には大きく分けてレーザー脱毛電気針脱毛があります。

永久脱毛はクリニックや皮膚科などの医療機関やエステなどで行われているものです。

またレーザー脱毛のほかに、エステなどでは光脱毛と呼ばれるものが行われているケースもあります。

それぞれの特徴とメリット・デメリットについて解説していきます。


レーザー脱毛とは?

レーザー脱毛とは、レーザーによって毛の脱毛を行う方法です。毛だけでなく、毛穴の細胞にまでレーザーの熱が伝わるので脱毛に大きな効果を発揮します。

レーザー脱毛のメリットは

・医療機関などきちんとした技術のところで行えば永久脱毛(またはそれに近い)効果がある
・無理な自己処理脱毛をくりかえしお肌を傷める必要がない
・施術する前に毛を伸ばさなくて良い
・施術時間は5分程度と短い
・従来に比べて痛みはすくない(これは個人差があります)


またデメリットは

・レーザーの出力や照射回数が不十分だと永久脱毛の効果が出ないことがある
・ある程度費用がかかる
・ヘアサイクル休止期の毛には効かないので何度か通う必要がある
・個人差はあるが、多少の痛みがある場合がある

といったところです。

レーザー脱毛は今の永久脱毛といわれているものの主流といっても良いでしょう。


スポンサードリンク


電気針脱毛とは?

電気脱毛とは、毛根に針を挿入し、電気を通して、毛穴の細胞を壊す脱毛方法です。
一本一本施術を行うので、時間がかかりますが、永久脱毛が可能です。

レーザー脱毛より歴史は古いですが、根気と技術を要し、痛みを伴います。


メリットは

・永久脱毛できる
・肌質を選ばないで受けられる


デメリットは

・痛みがある(かなり痛いとの意見もあり)
・時間がかかる
・電圧が高いと炎症や色素沈着を起こす可能性がある
・技術者のレベルや電気が弱かったりすると効果がない可能性もある

といったところです。

エステサロンでは電気脱毛を行っているところもありますが、エステの電気脱毛は医療用に比べ、電圧が低く、かなりの痛みを伴うケースがあります。


また、エステでは光脱毛を行っているところもあります。
これはフラッシュなどとも呼ばれ、光を当て、脱毛する施術なのでレーザー脱毛にも似ていますが、、医療用レーザーより電圧が低く、弱いので、レーザーに比べ効果は弱いといわれています。


このように、永久脱毛には電気脱毛、レーザー脱毛がありますが、今の脱毛の主流はレーザー脱毛といってよいでしょう。

レーザー脱毛も電気脱毛もきちんとした技術を持った医療機関で施術を受ければ、永久脱毛が可能ですです。

ただ、永久脱毛はきちんとした技術を持った人が施術しないと効果がないことがあるので、きちんとした医療機関で受けることをおすすめします。