TOP | ヘアサイクルを知っておこう! | 一時的脱毛の種類とメリット | 永久脱毛の種類とメリット | 医療レーザー脱毛とは? | 当サイトについて |

自宅でムダ毛処理のトラブル原因


自宅でムダ毛処理のトラブルとは?

自分で脱毛処理をすることは安くて手軽な点がとても良いですが、どれも一時的でまめに処理しなければいけないというデメリットがあります。

またムダ毛の自己処理をする場合気をつけなければいけないことはお肌のトラブルです。


自分で脱毛したときの主なトラブルとしてよく聞くのは

「脱毛した部分の毛穴が赤く(または黒く)ぶつぶつしている」

「毛穴が開いてきれいじゃない」


といったことです。

手間をかけた割りにこういったことできれいに仕上がらないと悩んでいる人も多いのです。

ですが、お肌を傷めるのがイヤだからといって、女性の場合脱毛処理をしないというわけにはいきませんね。

トラブルを事前に知ったうえで、なるべくお肌に優しい脱毛の方法をとりましょう。


脱毛トラブルの原因

脱毛のお肌トラブルには以下のようなものがあります。

毛嚢炎(毛包炎)・・毛穴が炎症を起こしたり、膿んでしまったりするトラブル。菌が感染して起こります。

埋没毛・・埋没毛とは、毛がケアなの中にもぐったままの状態のことです。脱毛のときにお肌を傷つけたことが原因で、毛穴がふさがれ、毛が表面に出てこれなくなることから埋没毛は起こります。

色素沈着・・毛包炎などのトラブルが起きた後に色素沈着してシミになってしまうことがあります。

またこのほかにも毛穴の開きやお肌の乾燥などが起こることもあります。


スポンサードリンク


お肌に良い脱毛の方法

それでは、こういったトラブルを回避して、お肌をなるべく傷めないためにはどうすれば良いでしょうか。

皮膚になるべく負担をかけないためには、

@衛生的に脱毛を行う
A脱毛前に皮膚を温める

ことがポイントです。

脱毛後のお肌のトラブルは、毛穴に菌が入ることでおこります。ですから、脱毛前には脱毛器具やお肌を必ずきれいな状態にして行いましょう。
また、皮膚を温めることで、毛穴を開かせたり、お肌が柔らかくなるので脱毛しやすくなります。お風呂上りなどがおすすめです。
脱毛後は炎症などを防ぐために、すこし冷やすと良いでしょう。

顔などの肌は気にするのに、手足のお肌はそれほどデリケートではないせいか、ついついケアを怠ってしまうものです。
一生つきあっていくお肌ですから、すみずみまできちんとケアしてあげましょう。