TOP | ヘアサイクルを知っておこう! | 一時的脱毛の種類とメリット | 永久脱毛の種類とメリット | 医療レーザー脱毛とは? | 当サイトについて |

一時的脱毛の種類とメリット


普段自宅でみんながやっているものは主に一時的なムダ毛処理の方法です。

一時的な処理方法には

・カミソリでの処理

・毛抜きで抜く方法

・脱毛テープ

・脱毛ワックス

・家庭用の脱毛器・電気カミソリ

といったものがあります。

それぞれのメリット、デメリットを挙げました。

カミソリ

カミソリで処理する方法は、そんなに時間もかからず、かみそり一つあれば簡単に処理することができるので、よく行われている方法です。
手軽さと費用もとても安いところにメリットがあります。
デメリットは、肌質によってはカミソリ負けするなど肌を傷つける場合や、処理後にお肌が乾燥したりすることがあることです。


毛抜き

毛抜きで一本一本毛を抜いていく脱毛方法は、剃るよりも処理後がきれいですべすべになることから行っている人も多いでしょう。
ただ、毛を抜くデメリットはとても手間がかかることと、お肌を傷つけてしまうことです。
無理に毛を引き抜いているので、痛みがあるし、カミソリなどで剃るよりも毛を抜くほうがお肌へのダメージは大きくなってしまいます。

無理に毛を抜いている処理を繰り返していると、毛穴が傷ついて、炎症を起こしたり、シミになってしまうこともあるのです。
毛を抜く処理は、お肌を傷つけているということを覚えておきましょう。


スポンサードリンク


脱毛テープ

テープを脱毛したい箇所に貼り、一気にはがす脱毛テープ。
一度にたくさん脱毛できて、便利な点がメリットです。
デメリットは痛みがあること。またこれも毛抜きと同様毛を抜いているので、毛穴や皮膚の角質を傷めたり、しみになる可能性もあります。
肌の弱い人は特に注意しておく必要があるでしょう。


除毛クリーム

お肌に除毛クリームを塗って、毛を溶かす除毛クリーム。
塗っただけで脱毛できるのはメリットですが、これはお肌の表面の毛を溶かすだけなので、すぐに伸びてきてしまう点、お肌が弱い人には肌トラブルの可能性があるなどのデメリットがあります。


ワックス

脱毛ワックスも一気に広範囲を脱毛できるという点では便利でメリットがあります。
デメリットは、脱毛テープなどと同じく、お肌を多少傷めてしまう点です。


家庭用の脱毛器

市販されている家庭用脱毛器を使って処理している方も多いでしょう。
家庭用脱毛器は抜くタイプと剃るタイプ両方があります。

脱毛機は自宅で手軽に処理できる点がメリットですが、抜くタイプは痛みがある、まめに処理するのが面倒で結局使わなかったなどの声もよく聞きます。

また家庭用レーザー脱毛器で永久脱毛が可能などという宣伝文句も聞きますが、家庭用脱毛器で永久脱毛は不可能です。

レーザー脱毛は医療行為ですので、家庭で行うことやエステなどで行うのも厳密にはいけないことになっています。